読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路IT女子、子育てに挑む

三十路IT女子のうたたねこが気になるものや、H28年2月に生まれた息子のずーちゃんとの生活

「毎朝、服に迷わない」 ~偏りのないワードローブが作れる本~

読書 kindle ファッション

こんにちは。うたたねこです。

 

育児のペースが安定してきて、ずーちゃんのお昼寝時間に記事を書いています。

これまではずーちゃんが昼寝したら自分も睡眠をとるか慌てて家事をするかだったのですが、余裕が出てきたのでブログもまたがんばりたいと思います。

 

さて、今回は読書の記録です。

 

読んだ本は「毎朝、服に迷わない」。

有名なパーソナルスタイリストの山本あきこさんの本で、ファッションで大切なのはコーディネートのセンスではなく持つべきアイテムであり、いかに基本のアイテムを揃えるかに重点を置いた内容となっています。

 

毎朝、服に迷わない

毎朝、服に迷わない

 

 

持つアイテムは、たったの21

これ、Chapter1のタイトルなのですが、こうやって言い切られると安心しますよね。

しかも10着とかの非現実的な少なさではなく、21アイテム。

中身も、「白シャツ」「ベージュのVニット」「テーパードパンツ」など奇をてらっていないアイテムばかり。

そして一つ一つのアイテムに、選び方と着まわし方が書いてあって、自分でもできそうって思わせてくれるんです。アイテムの活用もさすがうまくて、同じアイテムでも腰に巻いたり裾をインしたりで、バリエーションが豊かなんですよね。同じものに見えない。

 

しかもこの本がすごいのは、紹介した40弱のアイテム(21アイテムのバリエーション含む)だけで着まわしているので、本当にそれだけを揃えてしまえばワードローブが完成してしまうんです。

通勤も、デートも、旅行も、パーティーも、あらゆるシーンを網羅しています。

 

コーデに大切なのは小物

この本では実用的なコーデが多数紹介されているのですが、コーデを決めるのは小物なんですね。(ただし、この小物は21アイテムに含まれていません。)

靴、ハット、バッグ、ストール、アクセサリー…。

それらがコーデのテイストをまとめてくれます。

「21アイテムに小物が含まれていないんじゃウソじゃん」と言ってしまえばそれまでですが、小物も高価なものである必要はなく、何をポイントに選べばいいのかがまとめられていてわかりやすいです。

また、コラムとして、有名なファストファッションブランドごとに「どのアイテムを買うならこのブランド」というのが紹介されていて、すぐに買いに行けるようになっています。

私もこれを読んで、すぐにでもGUに行きたいです。そして流行の小さいバッグと白のデニムを買い足したい!

 

ライフスタイルが変わればファッションだって変わる。迷ったらこの本を読みたい。

子供を産み、育児休暇をとって、ライフスタイルは大きく変わりました。

この数か月はただ楽なことだけを基準に服を選んでいたけれど、温かくなったしずーちゃんもちょっとお出かけできるようになってきたので、自分の気持ちが上がる服を着たいと思い始めています。

今回出会った「毎朝、服に迷わない」は、ワードローブを立て直すのにぴったりの本です。