読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路IT女子、子育てに挑む

三十路IT女子のうたたねこが気になるものや、H28年2月に生まれた息子のずーちゃんとの生活

母乳の詰まりを予防する ~脂質の少ない食べ物って?~

育児

おひさしぶりです。うたたねこです。
またしても更新が滞ってしまいました。
PCのある部屋と赤ちゃんのいる部屋が違うので、なかなかPCをさわる時間が取れないんですね。
タブレットで記事を書く方法を考え中です。

 

さて、今回は母乳の詰まりのお話。
私は母乳の出は充分なのですが、どうにも詰まりやすい体質らしく、出産して1か月頃からずっと詰まりに悩まされています。
そこから学んだ詰まり予防法をお伝えしますね。

 

母乳が詰まるとは

おっぱいの仕組みは、大まかに言うと乳房の中にいくつもの独立した風船があって、それぞれの風船で母乳を生産しそれぞれの風船の口から母乳を出しています。
ですので、1つの風船の口が詰まっても他の風船は問題なく母乳を出すことができます。

 

私の場合は左胸の1つの風船の口が詰まってしまって、ニキビのように白くぽつっとしたものができてしまいました。
授乳の時などはズキズキと痛みます。
口よりちょっとだけ内側にあるようで、押しても出てきてくれません。

 

とは言え、完全に詰まったわけではなかったので、かろうじてその口からも母乳は出続けていました。
これが完全に詰まると風船本体が炎症を起こして乳腺炎となり、高熱に悩まされることになります。

 

私のコンディションによって詰まり具合が左右され、すんなり母乳が出る日もあれば、半日ぐらい出ない日もあって、毎日気の抜けない日々が続いています。

 

そのコンディションを整えるために大切なのが、食事の脂質を減らすことでした。

 

脂質の少ない食べ物を探す生活

※これからお伝えするのは単純に脂質の少ない食べ物で、母乳の質を高めてくれるとは限りません。

授乳中に食べることをおすすめするものではないのでご了承ください。

 

脂質の少ない食べ物を探すため、成分表示に注意する生活が始まりました。
コンビニの商品は高い確率で成分が表示されているため選びやすかったです。
一方、外食は成分まで表示しているものはほとんどないので、材料や味付けから推測するしかありませんでした。
それでも、たくさんの成分表示を見てきて脂質の傾向がみえてきたのでまとめます。

 

○脂質の多い食べ物
・揚げ物
・マヨネーズ
・生クリーム
・バター
・チーズ
・ひき肉
・脂身
・さばなどのジューシーな魚

 

これらを見ていくと、結構食べられないものが出てきます。

 

○食べられないもの
・フライや天ぷら
・ポテトサラダなどのマヨネーズで和えたサラダ
・タルタルソース
・洋菓子全般
・クリームの乗った飲み物
・アイスクリーム
・クロワッサンなどのパイ生地のパン
・ホワイトソース
・ピザ
・ハンバーグ
・豚の角煮
・さばの味噌煮

 

…おいしいものばかりですね。

 

○比較的脂質が少ないもの
・煮物
・うどんやそば
・ごはん
・和菓子

 

もちろん100パーセントこれらだけの食生活は無理なので、こってりしたものは一口だけにしたり、一日の中で脂質が多くならないように調整したりしながら詰まりと付き合っています。
この食生活が卒乳まで続くのかなぁ。

 

母乳に関しては、少なくて困ったり多くて困ったりなど、いろいろなトラブルがあると思います。
私の詰まりの話も何かの参考になれば嬉しいです。